国内産〜地産地消のススメ

日本での有機野菜ブームはまだ浅く、生産者が増えつつあるとはいえ、ごく当たり前に食されるにはもう少し時間がかかりそうです。

スーパーでも、わざわざ「有機」コーナーが設けられているくらい、値段も割高ですし、よいものを手に入れようと思うと、経済力も無ければいけないというわけです。制度が十分に整っていないということあるのかもしれません。

世界には、国をあげて有機農業に取り組んでいるところもあります。土作りや成長の時間に、手を抜かない、自然に逆らわない農業は、長い目で見ればけして高級品を作ることではなく、安全な暮らしを当たり前に得るために大事な取り組みだと思います。

では、そういった商品を輸入して食せばどうか?

有機からは、話がそれますが、地産地消(ちさんちしょう)という考え方があります。これは、地域生産地域消費(ちいきせいさん・ちいきしょうひ)の略語で、地域で生産された農産物や水産物をその地域で消費することとして、提唱されました。

もともとの考え方の根拠のなかには、国内での農産物の流通による無駄な経費を抑えるために、普段に食する材料を地域でまかなえるように生産するという意味がありました。

今では、日本の農産物の自給率は約40%、私たちの食生活は外国からの輸入食材によって成り立っているのです。もっと国内自給率を上げようと国内の生産者の方々は努力されています。

安い食材を、時間と経費をかけて輸送したものを購入するか、値段が張ったとしても、輸送コストと時間のかかっていない近距離のものを求めるか、消費者が考慮することで、地産地消を推進させることにつながります。

ただ、ほんとうに、「国内産」とされているものって、高いんですよね。輸送コストがかかっていないはずなのに、遠い国からやって来たものよりずっと値段がはっていたりします。

国内産に、有機がプラスされるとなおさら。もっと安心な農産物が、暮らしやすい価格で手に入るとうれしいのに、と思います。

関連エントリー

 
Copyright © 2008 お取り寄せ初心者必見!有機野菜の宅配比較. All rights reserved