有機農業とは

有機の意味がわかったところで、有機農業について、調べてみましょう。

有機農業…化学肥料や農薬の使用を控え、有機肥料を利用して、安全で味のよい食糧の生産をめざす農業、また農法。(広辞苑より)

有機肥料…有機質すなわち動物質および植物質の肥料。緑肥・堆肥・腐葉や動物の糞・死体など。(広辞苑より)

つまり有機農業とは、自然環境を壊さず、生態系を保存するために、自然と調和した農業を実践する形態です。有機農法、有機栽培、オーガニック〜と呼ばれることもあります。オーガニックと書いてあると、輸入品っぽくておしゃれなイメージがしますが、全部同じ意味です。

20世紀の農業は、とにかく生産性を向上させることを目的として、人工的に合成された化学肥料や農薬などの化学物質を多用してきました。

それは土壌を汚染し、生態系を壊しただけでなく、薬害や公害も生んでしまいました。化学肥料、農薬の使用は一時的な生産能力を飛躍的に増進させ、安くて大量に農作物を供給することができました。

しかし、長期的に見ると田畑の土質は悪化し、生態系の破壊は害虫の発生させるなどの弊害あり、とても深刻な環境汚染だということに気がついてきたのです。

日本の土壌の不安、健康被害などから、将来を憂いた人々が、化学農法を反省し、自然のしくみに逆らわないように、安全な農作物の生産をめざしはじめたのが21世紀の農業です。

しかし、有機の手法はさまざまで、ガイドラインの整備もようやくこれからといったところのようです。国の法整備に先駆け、早くから地域ごとに規定が作られているところもあり、個々の生産者が、それぞれに有機生産システムを発展させているのが実情です。

関連エントリー

 
Copyright © 2008 お取り寄せ初心者必見!有機野菜の宅配比較. All rights reserved