有機肥料

有機野菜を育てる上で欠かせないのが有機肥料です。化学肥料が絶対悪、というわけではないのですが、傾向として、特定の物質が残留しやすい、残留物質が環境破壊につながるという危険性をふくんでいます。対して、有機肥料とは、生物を原料とした肥料のことで、比較的環境にも安心だといわれています。

しかし、有機栽培=有機肥料ではないことを、理解するために、有機肥料のことを少し調べておかなくてはなりません。

まず、植物は栄養素を吸収して成長しますが、主に必要なのは、窒素(ちっそ)・燐(りん)・カリウムです。有機肥料を土壌に施した場合、時間をかけて地中に分解され、無機質の物質になります。

これを、植物が吸収するのです。有機肥料を使った場合、地中での分解に時間がかかります。なので、即効性が欲しい場合、化学肥料を使えば確実なのです。

ただし、植物の成長は肥料だけがすべてではありません。肥料はひとつの要素にすぎないのです。有機肥料は、地中で分解される間に、土壌内の微生物の栄養源ともなりなります。

家庭用のコンポストなどでも、微生物が活発に働き、熱を発するのをご存知の方もいらっしゃるでしょう。そのため、悪臭・ガス・害虫の発生など、化学肥料では起きない問題が発生することもあります。

関連エントリー

 
Copyright © 2008 お取り寄せ初心者必見!有機野菜の宅配比較. All rights reserved